深谷商工会議所が運営する起業支援サイト

9つのマスで事業計画を作成

ちょっとでも起業を考えたとき

  • 何かやりたいのだけれど、何をしたらよいか分からない。
  • 起業のアイデアはあるのに、どのようにして組み立てればよいか分からない。

大丈夫!

9つのマスを使って事業計画を作ってみましょう。

  • 事業は主に9つの項目から成り立っています。
  • 9つの項目をバランス良く考えることで強い事業ができます。
  • これら9つの項目は、どこでも考えやすいところから、始められます。

「9つの項目」

9つの項目は、「商品・サービス」を中心に8つの項目が取り囲む形で並んでいます。近くに位置する項目とは強い関係がありますので、それぞれの位置関係も大事です。これらがちょうど歯車のようにかみ合いながらビジネスを形成しているイメージです。

ただし、3つの条件があります。

  • ① 9つ全て考えなければならないこと。
  • ② ひとつでも変更するときは全て見直すこと。他の8項目とバランスをとるためです。
  • ③ 9項目を取り囲む外部環境を考え調整すること。

しかし、たった9つです。
これらを考えることが、一歩一歩起業へと近づいて行く楽しい作業となります。
では実際に各項目にどのような内容を入れていったら良いのか、詳しくみていきましょう。

01商品・サービス

全てのビジネスは「商品・サービス」を介して、お客様へ価値を伝え、その見返りとしてお金や信用などを得ます。したがって、全てのビジネスの中心に存在し、軸と言えるものが「商品・サービス」です。ここを良くすることによってビジネスの成功確率が格段に上がります。良い「商品・サービス」とは、付加価値が大きく、差別化が際立っているものです。

02調達・生産

どんなに良い商品でも、安定して用意できなければ強いビジネスにはなりません。また、サービスにおいても安定的に同様のサービスができなければ、事業として成り立ちませ。

03課金モデル

商品・サービスをお金に変えるしくみが「課金モデル」です。商品・サービスをお金に変えるには「価格」を決めなければなりません。利益や競争相手、需要などを考えながら適切な価格を付けましょう。また、お金をいつ、誰から、どのように(現金、カード、振込み等)で回収するのか、すなわち「回収モデル」も考えましょう。

04ターゲット

外部環境の「市場」を参考にしながら、特にどんなお客様に販売するのかを考えましょう。お客様として考えられる人たちの中でも「今回は特に誰に売りたいのか?」を明確にすることで、そのお客様のニーズやウォンツを想定することができ、より効率的に販売する作戦を考える事ができます。ターゲットが変われば作戦全体が大きく変わります。

05チャネル

ターゲットとして設定したお客様へどのように商品・サービスをお届けするのか、お客様との接点である「販売窓口」とそこまでの経路である「販路」を考えます。「販売窓口」は顧客接点と言われ販売に大きな影響を与えますので要注意です。また、商流と物流において、安定した良い販路を作らなければ、永く大きな売上は期待できません。

06販売促進

ターゲットとして設定したお客様へどのように商品・サービスをお届けするのか、お客様との接点である「販売窓口」とそこまでの経路である「販路」を考えます。「販売窓口」は顧客接点と言われ販売に大きな影響を与えますので要注意です。また、商流と物流において、安定した良い販路を作らなければ、永く大きな売上は期待できません。

07有形資産

建物、機械設備、車両、土地など、目に見える形ある資産において、事業に使えるものを明確にします。また、今後必要なものがあれば、時期とおおよその金額と共に書き出しておきましょう。「現在および今後においてカネを生み出すかどうか」が事業に必要な資産かどうかの判断基準です。また、現金や在庫も現在どのくらいあり、将来どのくらい必要かを時期と共に明確にします。

08無形資産

ビジネスパートナーや従業員の有無や、自分自身を含むメンバーの能力や資格、経験、技術、知識、ノウハウ、やる気を考えます。有形資産や無形資産をつなぎ合わせ、事業を実施する土台を形成するのが「ヒト」です。最も重要な戦略資産ということができるでしょう。創業時においては特に自分自身の能力や知識、過去の経験を整理しておくとよいでしょう。

09ヒト

ビジネスパートナーや従業員の有無や、自分自身を含むメンバーの能力や資格、経験、技術、知識、ノウハウ、やる気を考えます。有形資産や無形資産をつなぎ合わせ、事業を実施する土台を形成するのが「ヒト」です。最も重要な戦略資産ということができるでしょう。創業時においては特に自分自身の能力や知識、過去の経験を整理しておくとよいでしょう。

外部環境

私たちの事業は社会の中に存在するため外部から多くの影響を受けます。9つの項目と外部環境との関係を常に考えなければなりません。外部環境は内部環境以外の事ですので非常に広範囲です。したがって、重要項目の「市場」「ビジネスパートナー」「ライバル」「社会・地域・その他」において特に事業を行うのに影響を及ぼすものを考えるようにします。

トップへ戻る
q