深谷商工会議所が運営する起業支援サイト

成功する起業家10カ条

第 1 条「やりたいことを明確にする」
〜理念、ビジョンを明確に語り続けてこそ起業家である〜

成功する起業家は明確な「あるべき姿」を持っています。起業家になると、何をするかを自由に決められ、時間やお金の自由度が大幅に増します。また、自分の行動が社会や地域に及ぼす影響も大きくなります。したがって自分のことだけでなく、社会や地域に広く視野を広げ、「何をやりたいのか」「どんな状況にしたいのか」を突き詰めて考えて文字にしておきましょう。特に起業した時の気持ちは経営の原点になる事が多いので大切です。

第 2 条「常に学び続ける」
〜良質な知識のインプットとアウトプットを
繰り返し続けることで、経験を補う武器とする〜

成功する起業家は、常に様々なことを学んでいます。経営において、能力やこれまでの経歴は重要ですが、これらは経営の成否を決める決定的な要因ではありません。大切なのは、起業する前にも起業後にも学び続けることです。様々な分野、多彩なことについて学び続けましょう。学んだ内容は、すぐにアウトプットして「使える知識」にすることが成功への近道です。経験豊富な先輩経営者と対峙するために、良質な知識は武器となります。

第 3 条「強い精神力を持つ」
〜長期的に良い経営をするには、
どんな時も業務を遂行できる心の強さが必要だ〜

成功する起業家は高い志を持ち、どんなときもズルをしない心の強さがあります。起業すると、孤独や不安になるかもしれません。しかし、苦しい時にでも行動できる、強い精神力を持っているのが成功する起業家です。苦しいときの経験も、いずれ必ず役に立ちます。孤独や不安と向き合った時、決して心が折れてしまわないようにすることが肝心です。そのために健全な肉体を保つ努力や、時には心を休めることも必要です。

第 4 条「高いコミュニケーション能力を持つ」
〜人の話に耳を傾け、自分の意見を伝える能力を持ち、
良質なネットワークを作る〜

成功する起業家が持つ、重要な能力の一つが「コミュニケーション能力」です。相手の話を聞き出す技術、話の本質を理解する技術、そして自分の意図や意志、感情を正確に伝える技術を身につけましょう。中には、自分と意見や考え方の異なる人たちもいます。しかし、そのような人たちともコミュニケーションを取ることができれば、さらに良いアイデアを得るかもしれません。経営には、たった一つの答えが存在するものでもありません。多様性を受け入れることは重要です。

第 5 条「常にお客様へ問う姿勢を持つ」
〜自分の事業分野において
お客様を一番知っている存在でなければならない〜

成功する起業家は、常にお客様へ問う姿勢を持っています。ビジネスにおいては市場の評価が全てです。お客様に媚びる必要はありませんが、常にお客様の方を見て行動しましょう。経営のヒントをお客様に聞くときは、必ずこちらの意思を伝え、提案するようにします。なるべく現場に立ち、意思決定に必要な、そして質の高い情報を集めるようにしましょう。

第 6 条「さまざまな視点から物事を見る」
〜新たな視点から物事を見つめ直し、常に変化へ挑む〜

成功する起業家は、自分のビジネスにしっかりとした軸を持っています。そのうえで、常にさまざまな視点から物事を見て、ビジネスを変化させています。どんな事業でも、同じことを続けていれば必ず衰退してしまいます。ビジネスは、恐れず常に変化させていくことによって維持・発展できるのです。

第 7 条「お金の流れをつかむ」
〜お金は事業の中を流れる血液だ。
お金の流れを理解することで事業が見えてくる〜

成功する起業家は、お金の流れを理解したうえで常に把握しています。お金は事業を流れる血液のようなものです。お金が企業の中を巡ることで事業が続き、発展します。決算書などの数字から、お金がどう動いているのか、どう変化しているのかを把握できるようにしましょう。そして、必要に応じて適切な対策を打つようにします。事業が存続・発展するためにも利益は重要です。利益の意味を突き詰めて考えてみましょう。

第 8 条「とにかく実行する」
〜意思決定し、行動し、成果を出してこそ起業家だ〜

成功する起業家は実行力があります。行動し、成果を上げてこそ起業家です。失敗は誰しも怖いものです。ただし、ある程度の準備をしたら行動し、検証・修正していくことが肝心です。多くの行動・検証を繰り返すためには時間に対する強い意識を持ち、より早くからスタートした方が有利になります。

第 9 条「ムーブメントを起こす」
〜一人では何もできない。
多くの人を巻き込み、大河をつくる〜

成功する起業家は、多くの人を巻き込み幸せにします。そのためには、チームで成功させようとする意識が重要です。ビジネスの最初から最後までを、一人ですべて取り組むことは非常に困難です。様々なメンバーを集めて、起業家の想いを伝えてください。メンバーに教えたり、評価したりすることで、自分もチームも成長します。最初は小さな流れでも、大河に発展するようなムーブメントを起こしていきましょう。

第 10 条「全てに責任を持つ」
〜現実から目を背けず全てを受け入れよう。
そこから創意工夫とチャレンジを続けることで道が開ける〜

成功する起業家には、起きる事すべての責任を受け入れる姿勢があります。その姿勢が人々の信用につながり、新たに見えてくるものもあります。失敗した時は素早く反省し、成功した時はそこから多くのノウハウを得るようにしましょう。創意工夫し、責任もってチャレンジし続ける。これこそが、成功する起業家として最大の資質です。

トップへ戻る